これまでも、たくさんのワークをやってきましたが、どちらかというと覚醒とかアセンションに向けてのものが中心でした。

もちろん、その志向に変わりはないのですが、これもまた申しあげていること──覚醒をした後も人生は続くのです。

 
つまり、どのように覚醒をした自分を、この世の中で表現し、生かしていくのか?
けっきょくは、意識とエネルギーの使い方だと思います。

 
この動画は、いま主宰をしている英語学習グループで、もっとも効果的に英語が身につくよう、学習の際の意識とエネルギーの使い方をお伝えすることを念頭に開催をしたワークショップの内容を撮影したものです。
もちろん英語学習にかぎらず、仕事やプライベートライフ、人間関係その他、生活のすべてにおいて、その
質を高めるためのワザを公開しました。

 
どのワザもかんたんで、その日からすぐに使えるけれど効果は絶大で、そしてそれが単に仕事や学習の効率化というだけの話ではなく、幸せな気分で毎日を過ごし、なおかつ覚醒やアセンションへとつながっていく──そんな趣旨でお伝えをさせていただきます。

 

<動画の内容>

■ウォーミングアップ

 じっさいにエネルギーを動かしていただくためのウォーミングアップを行います。

 

■はじめに
 よりよき人生送るために、一番大切なこと──それは、自分と宇宙と運命に対する信頼感。
 まずは、その大前提について説明をします。

 

■リラックスの重要性
 リラックスとは、「特定の意識状態から自由である」状態です。
 それは覚醒を目指す道においても大切なことであるし、またこの動画のひとつのテーマ=「内部情報の書き換え」のための重要な要素となります。

 

■リラックスの練習
 じっさいにリラックスをするための練習をします。

 

■センタリング/ランニングエナジー
 リラックスに加えて、基本となるコンディションを整えるための二つの実習を行います。

 

■センタリング/ランニングエナジー補足/目の醒まし方
 意識の使い方をマスターするうえで大切なのは、朝、目の醒まし方。
 一日を決定づける大事なスタートであると同時に、意識と無意識の境目を開拓していくチャンスでもあります。

 

■なりきる
 「何かをうまくやる」ことを目指すのはむずかしいです。
 そうではなく、「何かをうまくできる人」になりきるほうが簡単で、効果的です。
 ここでは、そのためのテクニックをご紹介します。

 

■気分をつくる-1 さまざまな神経伝達物質~ドーパミン
 「なりきる」のは頭で考えて「そのつもりになる」だけではダメです。
 じっさいに、そのような気分になれるかどうかがポイントです。
 気分をつくっているのは神経伝達物質。
 まずは、「ドーパミン」について解説をします。

 

■気分をつくる-2 ドーパミン(つづき)~やる気だけで勝負しない
 じっさいにドーパミンを喚起するためのワークをご紹介します。

 ドーパミンは別名「やる気ホルモン」と呼ばれています。
 ただし、それだけでは多分うまくいきません。
 人間の「やる気」は、じっさいにはアテにならないから。
 そのためにはどうしたらいいか、ということについて説明をします。

 

■気分をつくる-3 ノルアドレナリン
 2番目の神経伝達物質=ノルアドレナリンについて解説します。
 ノルアドレナリンは、端的にいうなら「やるか、やられるか」モードと関係します。
 一見それは精神状態として美しくないように思われるかもしれないけれど、すべての生き物はこのモードを使って生き延びてきたのです。
 また、たとえば「火事場の馬鹿力」などもノルアドレナリンの担当分野となります。
 いわば、人間のなかの野獣の部分。
 ここを、いかに使いこなすかも大事なポイントとなります。
 

 

■気分をつくる-4 ノルアドレナリン(つづき)
 ノルアドレナリンに関する解説と、それをコントロールするためのワークを行います。

 

■思考と感情の使い方
 人間がほかの動物と大きく異なるのが、思考と感情の使い方です。
 逆にいうなら、それ以外の部分は本能に委ねればいいのです。
 でも、思考と感情については「自覚的に」使う必要があります。
 具体的な使い方について公式(フォーミュラ)を紹介します。

 

■気分をつくる-5 セロトニン~質疑応答
 3番目の神経伝達物質=セロトニンに関する解説と、質疑応答の様子をご紹介します。
 セロトニンは、人生に対する基本的な肯定感や、リラックスをすること(=ニュートラルでいること)にも関係をします。

 

■先天の氣/後天の氣~站椿功(タントウコウ)
 エネルギー=氣について解説をします。
 そして、後天的に氣を高めるためのもっとも有効なワーク=站椿功(タントウコウ)を行います。
 気功の世界では「站椿功にはじまり、站椿功に終わる」というほど重要なワークですが、コツをしらないとただシンドイだけ。
 はじめての人でも一発で氣が充実してくるよう、コツを伝授します。

 

■意識の使い方
 多くの人は、自分の意識を自分でコントロールできていません。
 でも、それだけでは環境や状況に振り回されるだけです。
 自覚的な人生をおくるためには、意識のコントロールが不可欠です。
 その延長線上に悟りや覚醒があります。
 そのための方法について説明をします。

 (全186分/PDF資料つき)
 (視聴期間3ヶ月=ダウンロード可)

 

8,000円 +税 

 

 

 

お問合せ 申込み

 

※ご利用の機器等によって、まれに申込フォームがうまく作動しないことがあります。

その場合は、下記あてに直接メールアドレスとお名前をお知らせください。
 Eメール: ishiki.design@gmail.com 

 

代金の振込先

みずほ銀行 武蔵小杉(ムサシコスギ)支店 普通1694807

口座名義:株式会社エム(カブシキガイシャエム)

※振込手数料はお客様のご負担にてお願いします。

 

 

<ナビゲーター> 

松田 仁 (まつだ ひとし)

IMG_84744_R-199x3001958年 名古屋市生まれ。

株式会社エム 代表取締役
意識デザイン 主宰

高校時代の体外離脱体験を機に、日常的な感覚を超えた世界に目覚める。
高野山大学に進み、密教学、宗教学を学びつつ、修行の道に入る。
その後、ヨーガ、瞑想、神道修行、占星術、タロット、ヒーリング、
チャネリング、
魔術、超古代文明研究、ユダヤ研究、宇宙情報研究……など、手当たり次第。
大学卒業後、金融機関に就職し、7年間、お金と人間と社会のしくみについて学ぶ。
その後独立をし、会社経営のかたわら、「自己超越」と「現実創造」に関する探求をつづける。

2003年ごろより意識がシフトしはじめ、現在は企業に対するコンサルティング、個人に対するカウンセリング、エネルギーワーク、各種ワークショップ講師として活動。
ここ数年は、とくに自己存在と人生に変容を起こす「ライフアルケミー」を提唱。

刊行物にムック『天使が叶えてくれる<新月のお願い>決定版──ピンクの紙でどんどん願いが叶う!』(シンコーミュージック・エンターテイメント)、CD『ミラクル・ブレス」(ウォーブル)、DVD『12の印』(Amazonほか)、ダウンロード専用映像『トートタロット数秘術』(VOICEブックス)ほか。 

 

お話だけでなく、ワークの時間もしっかりとって下さり、実体験できたところがとっても良かったです。
お話の内容もとても濃くて大満足でした。
(SRさま)

「気持ち」をコントロールする具体的な術が分かったことがよかったです。

私は気持ちや気分、感情は、幸福感のためには無視できないと思っていたので、そのあたりに光を当てていただいたのもよかったです。

(HKさま)

とてもよかったです!
すごいボリュームでびっくりしました……。
メソッドの説明があって、ワーク、練習があるところが、とてもよい組み立てだと思いました。
ワークの後、象徴的な夢を見ることやシンクロを感じるような事が増えたのでうれしかったです。
(YKさま)

とても内容の濃いワークショップを受講できて感謝しております。

内容も教え方も、質問に対しての返答もすべてパーフェクト!

(EMさま)

松田さんのおっしゃっていることはいつも一貫していて、分かりやすいです!
(HTさま)

生理学的仕組みとそれに働きかけるメソッドを実習を通して学べた。
さまざまなテクニックを教えていただけて有益だった。
特にノルアドレナリンが放出されている感覚と意識の状態を実感でき、これまで体験してきた場面でのそれと合致するのを覚えた。

(SNさま)

よかったです!
特に潜在意識に働きかけて直ぐにその状態になれるのは面白かったです。
今も毎日使ってその状態になれています。
他にもエネルギーを育むワークも、普段の生活の中で少しづつやっています。
(UYさま)

 

 

※ご利用の機器等によって、まれに申込フォームがうまく作動しないことがあります。

その場合は、下記あてに直接メールアドレスとお名前をお知らせください。
 mailto: ishiki.design@gmail.com

 

代金の振込先

みずほ銀行 武蔵小杉(ムサシコスギ)支店 普通1694807

口座名義:株式会社エム(カブシキガイシャエム)

※振込手数料はお客様のご負担にてお願いします。

 

 

 Presented by    意識デザイン    (株式会社エム)

プライバシーポリシー │ 特定商取引法に基づく表記 │ お問い合わせ

Copyright © Ishiki-Design. All rights reserved. 

LINEで送る